「今さら」だってさ遅くはないんだよ    「間に合わない」とさ 決めつけていないで


by mariko_bloom
カレンダー

<   2005年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

阪神優勝

2003年9月15日

2005年9月29日

両日とも、
阪神タイガースが優勝を決めた日。

わたしが人生の中で
阪神の優勝を目撃したのは、この二回。



◎二年前の優勝のバアイ◎
マジックが点灯した日から毎日お祭り騒ぎ。
みんなから「まりチャンの時代じゃな」と
お喜びの言葉を多数頂く。お偉いサン気分。
当日は、高校生活最後の体育祭、
その真っ最中で阪神ではなくクラスを応援。
放課後、一足早いビールかけをする。水代用。
あろうことか、胴上げ中は打ち上げをしていた。
「阪神が優勝した」
というメールを見て、慌しく帰宅する。
リピート放送される胴上げシーンを見ながら祝杯。
星野サンの優勝コメントを聞いてまじ号泣。
そして、お風呂場で一人ビールかけ。
夜は『阪神優勝特番』の録画で急がしかった。

翌朝、全スポーツ新聞を買い占めに走る。
体育祭の振替え休日のため余韻に浸る。


◎今年の優勝のバアイ◎
マジック1の事実を試合直前に知る。
しかも、甲子園で巨人を迎えての伝統の一戦。
知人が応援に行っているので仕方なくテレビで観戦する。
中継が始まり、スコアを確認。
阪神が勝っているので電源オフ。課題に取りかかる。
試合終了直前に電源をオンにし、
一人で「あと一球」コールに参加してみる。
……金本がフライをキャッチしてゲームセット。阪神優勝。
冷静に胴上げを観賞。でも、藤川クンの涙にもらい泣き。
岡田の話が始まると、再び電源オフ。
「さぁ課題やろっと」カナリ冷静な阪神ファンのわたし。

数時間後、
ビールかけの時間を見計らって電源オン。
赤星がブログで予告していたHGコスプレを見る。
どこの局も『阪神優勝特番』なので、面白くない。
というわけで、また課題に取りかかる。
気が付けば朝の六時。
仮眠のつもりが爆睡してしまい、学校を休む。



………。
たった二年でこの冷め具合、やばいッスね。

やっぱり、
『ナカナカ優勝しないからこその感動』
だと思うんですよ。二年前と今年の違いは。
弱かった阪神がジワジワと力付けてきて優勝!
みたいなね。
『常勝チーム』と言われ始めた時点で
スタメンを全員言えない自分に気付き、
わたしは阪神ファンじゃないな、と思った。

でも、優勝胴上げのときの選手の表情を見て
「阪神、てか野球っていいな」
と改めて思えた。だから、阪神優勝おめでとう。

優勝特番の中で
「おめでとう」「ありがとう」を言っている
阪神ファンの人タチ。タレント含めて。
「おめでとう」は分かるけど、
何で「ありがとう」やねん、
という気持ちで見てました。
「感動をありがとう」系じゃなくて
「応援してくれてありがとう」的な
熱意のこもった「ありがとう」に
若干引いてました。ごめんなさい。

やっぱり阪神ファンじゃないかもしれないです。



でも、せっかく大阪に住んでいるのだから
阪神優勝セールとかありがたい企画には
バンバン、顔を出してみたいな★と思ってます。

あと、赤星のHG姿が拝めて最高でした。
(結局そういう目線なのです。)
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-30 22:01 | 日記帳

★レッドスターHG ★

d0057651_2152135.jpg「阪神優勝、フォー!!」
ですね。

阪神サン、おめでとう。

課題を必死にやっているときに
優勝決めんな、バカヤロー!
優勝が決まって、一人慌てました。

もう少し落ち着いたら
2005年のタイガース優勝について
書いてみようかな。
もちろん日付が変わらん内に。

今はユアンのことだけを考えたい。
(課題の関係でね)
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-30 02:15 | すきなひと

四季のウタ

中一の妹が
『“あなたにとっての四季のウタ”
を家族のみんなに聞いてきて下さい』
という宿題を持って帰ってきた。


それは、当然の如く
わたしのところまで質問が回ってきた。
英語や数学の問題じゃないから
優しい姉は、快くお答えしますよ。笑


受話器の向こうで妹は参考例を出した。
「例えば~
 春だったら松任谷由実の『春よ、来い』で
 夏だったら井上陽水の『少年時代』で
 秋だったら百恵チャンの『秋桜』
 みたいな感じで!よろしく!!」

「よろしく」じゃねーよ、オイオイオイ…
中一の女の子の選曲にしては渋くない?
しかも、山口百恵じゃなくて百恵チャンだし
なんか仲良さそう言ってますけどー!?
あと、何で冬のウタだけないんだよっ!

!!!!…危ない、危ない…
一瞬突っ込みの世界にワープしてしまった。


さぁ、気を取り直して妹に四季のウタを伝えよう。

「えっと…
 春はレミオロメンの『春景色』で
 夏はレミオロメンの『日曜日』で
 秋はレミオロメンの『コスモス』で
 冬はバンプの『スノースマイル』
 かな★ごめんね、レミオばっかりで」

「え?パンク?スロースマイル?」

「……ば・ん・ぷスノーだよ!」


妹は聞きなれない言葉の理解に苦しみ、
わたしはそんな妹のために『バンプ』と『スノー』を
何度も何度も大きな声で繰り返した。


受話器越しに言葉を適切に教えるって
実はカナリめんどっちぃ行為なんだよね…

前もパパサンに『アジカン』の名前を伝えるとき
何回も『アジアン カンフー ジェネレーション』を連呼したっけ…。
最後のほうになると、イライラも合わさって
隣の住人に聞こえるぐらい大きい声になってしまう。
どんだけアジカン好きやねん、って話ですよ。


わたしのイライラに気付いた妹は
「あ、オッケー!バンプね、スノーね!」
と、やれば出来るじゃん的な解釈をした。

これで妹の宿題への協力はおしまい。
携帯電話の電源を押して、通話を終了した。

これからも勉強頑張りなさいよ。



改めて
『あなたにとっての四季のウタ』
なんて聞かれると分かんないモンだ。

とっさにレミオロメンの曲で答えたけど
後々落ち着いて考えると他にもあるんだよね。


それにしても、
学校の先生は何でこの宿題を出したんだろう?
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-29 03:28 | 日記帳

細木先生

昨夜は、
『ズバリ言うわよ!SP』
に釘付けだった。


『ズバリ言うわよ!』とは、
皆さん御存知の細木数子サンが
ゲストの悩みをズバリ解決していく
という…そんな番組。
いつも高視聴率らしい。


番組の企画内で
一番良かったのは
『細木vs女子高生100人』
のコーナー。

女子高生の悩みを
バシバシ斬ってアドバイスをして
最後には
「幸せになりましょう」
と言う細木サンは素敵。

今の高校生ってすごいッスね。
自分の高校生時代と比べると
落ち込んでしまうぐらい
みんなキレイで細くて可愛い。
あんな短いスカート履けないや。

だけど、教養の足りない子も目立つ。

年齢はそんなに違わないけど
「こういう子タチが大人になったら
世の中どうなっていくんだろう?」
と不安だったわたし。

でも、その不安はキレイに消えてった。


1人の女の子が
中絶という哀しい過去のことを
涙を流しながら話してくれたとき。

細木サンの
優しい言葉と少し厳しい言葉が
女子高生のみんなの胸に響いて
スタジオ内の涙を誘った。

わたしもテレビの前で泣いていた。

あれはやばいですよ。
見ていた人は分かると思うけど
改めて細木サンの素晴らしさを感じた。

当たり前の一言も重さが違う。
反論していた子もいつの間にか
頷いて細木サンの話を聞いている。

大粒の涙を流す女の子タチを見て
すごく安心した。みんな、ええ子やん!!
まだ世の中は安泰ッスよ。

…って何の根拠もないけどね、
でも涙を流せるって素直な証拠だと思うから。
それに、キレイな涙だったから。



わたしが「!!!!」と思った細木サンの言葉。

◎「基礎があれば下手な男には騙されない」

◎「今を一生懸命エンジョイしてゆっくり生きなさい」

人生、生き急がなくていい。
今(高校時代)はオンナとしてのことを学んで
そして、いいボーイフレンドを見つけて幸せになればいい。

そんなことを言っていました。
最後まで涙は止まらなくて、
「細木サンありがとう」と思いました。

ハタチ近いけど、気分は今も高校生だから…
もっと基礎をしっかり作って、いい男をゲットします。
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-28 00:37 | 日記帳

美男は○日で飽きる

「美人は三日で飽きる」
とか言うその言葉が
身に沁みて分かった日。

「美男も三日で飽きる」
課題のために映画をウォッチング★
オーリィとユアンに関しては十分なので
ジュードロウ中心に観賞。

…いやぁ、もうお腹いっぱいッス。
濃厚なラブシーンも毛皮のような胸毛も
正直見飽きてしまってます。

ドキドキも薄れてきて、
ジュードロウの毛も薄れてきて…
ていうのは禁句でしょうか。

ブログで語りすぎると
課題で爆発できないので、控えめに…
明日一日は執筆に入ろうかと考案中。

当分は引きこもり続けます。
課題の成功を祈りましょう☆


『コールドマウンテン』より抜粋
d0057651_135733.jpg

ジュードロウに腕枕?してもらうナタリーポートマン。
それにしてもジュードロウ様、ヒゲ濃っ!スターウォーズのときのユアンみたいッスよ!?
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-27 01:03 | 映画のハナシ

9月25日(日)

お昼というには遅い時間に
寮の友達と元バイト先の人と
回るお寿司屋サンでお昼御飯。

オニオンサーモンに本気ハマリ。
マヨネーズがいい味出してる。

大好物のツナサラダにはキュウリ付き…。
というわけで今日はツナを食べられず。

その分、またオニオンサーモンへゾッコン。

時間をかけてゆっくり食べたから
ナカナカ良い感じで…8皿ナリ。



このあと、
行くところもナイので
近くのマックでお茶。

みんなで語り合って
ゲラゲラ笑って夕方頃にバイバイ。

やっぱり男って怖いモンですね。



そして夜は
友達の部屋に集まってビデオ鑑賞会。

土曜日に借りてきたDVD5本を
まだ1本も観ていないくせに鑑賞会参加。

「早くジュードロウ、ショーンを観なさいよ!」
もう1人の自分の声が聞こえてくるような…。
観れるならば、今夜1作ぐらいは観ようかしら。


今日観た映画は『マシニスト』
1年間眠っていない男のお話。

一応考えながら観てたけど
やっぱりオチは読めなくて
ラストに「なるほど」と言ってしまった。

何故1年間眠れなかったのか…
その謎が解けるんだけども
謎が解けた瞬間、スッキリして眠くなった。
逆に解けなかったら、
気になって眠れないかも?

『マニシスト』で主人公を務めた人は
役作りのために30㌔も体重を落としたらしい。
見事な程のガリガリ具合で、気持ち悪かった。
でも、キャラ的なモノもあって途中、可哀想に思えた。

そこまで痩せられる役者魂に拍手。



夜も深まり…
みんなは「眠たい」を連呼していたから
もう熟睡モードに突入してるはず…
よく眠るのはほんとに良いことですね。

皆さんも
毎日どんなに忙しくても睡眠だけはとって下さい。
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-26 02:27 | 日記帳

最近のスキ♡

ここ最近、気になる人が続出。

ブルームは
スキな人を見て喜びつつも
誰を想えばいいのか悩んで…
でも、
結局は毎日楽しく過ごしてます。



まず1人目
ロバートの山本 博サン

ずっと『馬場チャン派』だったわたし。
だけど、
やられキャラの山本サンが気になり始め…
毎日ロバート出演の番組を見ては
「やまもっさんカッコイイわぁ…」
とか何とか呟いてウットリしている。

笑ったときの表情とかツボなんでしょうなぁ。

あと、いじられてるときのダメさも良い。

つぅか、山本サンって男前ですよね?
今まで馬場チャンばっかり見てたから
気付くのに時間かかっちゃった。

どんなにロバートがおもろいネタしてても
わたしの瞳には山本サンしか映ってません。

昨日は、偶然一日に三回も見て
運命を感じてしまったブルームでした。



では2人目
the band apartのボーカル・荒井サン

「結構、年いってるよね?」
なんていう友達の発言も
年齢自体も気にならないけど
一応、参考のため…
年齢は30歳手前ぐらいのハズ。
ナカナカ良い感じに熟し始め。

初めて歌声を聴いたときから
ずっとアナタのトリコでございます。

そして、ライブ中の荒井サンを見て
「すごい楽しそうに歌う人だなぁ」
と胸キュン。いや、ドキュンでした。
ギターを弾く腕のたくましさも最高。
でも、実はシャイな方らしくて…
そんなところもまたツボなんス!!!!

歌っているときの荒井サンは
この写真の何倍も何倍も素敵。
d0057651_173594.jpg






さて3人目
なすなかにしの那須サン(写真左)

那須サンは写真だけじゃ分からない
そんな魅力をお持ちの芸人サンです。

その魅力とは…声!!!!
なんと言ったらいいのでしょうか、
那須サンの声は一度聞いたら忘れられない
風邪引いたときみたいな声。
(ってコレじゃぁ魅力伝わんないか)
でも、わたし的にはズバリ見事にヒットで
「一度でいいからあの声で名前を呼ばれたいな」
という野望を抱いているわけです。
那須サン、気をつけて下さい。

あとは瞳。eye!!!!
パッチリしていてキラキラしていてキレイな瞳。
あの瞳で見つめられたときは心臓バクバクで
那須サン、アナタについて行きます!と決心しました。
これまた迷惑な話でごめんなさい。
d0057651_1201727.jpg





スキな人いっぱいの人生は
毎日が楽しくて幸せで、やっぱりやめられません。
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-25 02:21 | すきなひと

近頃のバレリィナ

夕方、電車の中で
お稽古帰りのバレリーナ四人を見た。


みんな、同じ髪型(おだんご)

みんな、立ち方がキレイ

みんな、足がスラリと長い

みんな、気品溢れる顔だち

みんな、「バレェやってます」オーラがムンムン


…みんな、かわええなぁ!!!!
お姉ちゃん連れて帰りたいッスよー!!

と、まぁ危険な衝動に駆られつつも
何とか事件を起こさず無事に駅到着。


しかし、
偶然にも彼女タチも同じ駅で降りた。

ストーカーみたいに後ろを歩いていたわたし。
でも、あるモノを見た瞬間
一気に「可愛い」の言葉が消え去った。


ブランド物のおサイフ


一人の女の子が手に持っていたのが

ブランド物のおサイフ


…ちょっと、ちょっとチミ!
まだ小学生じゃないの?!
それはさぁ、早すぎるでしょう…

わたしでさえ、ブランド物のおサイフは
「まだ似合わないかな」
と思って遠慮しているっていうのに…


衝撃の余り、後を追う気力もなくなって
(てか、追っちゃいけませんからっ)
わたしはトボトボと帰路に着きました。


近頃のバレリィナは可愛いけど
その外見に騙されちゃいけないんスね。
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-24 23:27 | 日記帳

おうどん

d0057651_1765484.jpg
  寮暮らしも1年半、
  …というわけで
  初めて自炊をしてみた。

  献立は、『おうどん』。
  完成までにかかる時間が
  カップ麺を作るときの
  5倍ぐらいかかったから
  出来上がった瞬間嬉しかった。

  でも、
  うどん量が半端なく多くて
  最後は「ウップ」状態だった。

  もっとお料理の練習して
  分量も考えられるようにしなきゃ。

  そんなことを学んだ初自炊。
  …いや、自炊と呼んでいいのかな?
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-23 17:06 | 写真日記

お買い物事情

今月、
気がついたら洋服代に
カナリの額、つぎ込んでいた。

公に発表できないぐらい…笑



秋冬モノの服は
夏モノと比べたら値が張る。
「これ一着でタンクトップ三枚やで」
と思うようなときもある。
(わたしの基本:タンクトップ)

だけど、秋冬を乗り切るために
わたしは今日もお買い物に出かける。


元々、
色彩感覚がおかしいわたしは
服を買うときでさえも鈍ったままで
どの服とも合わない色のモノを買って
「何でこんなん買ったんやろ…」
と帰ってきた部屋の中で落ち込む。

そして、一度も着ないままポイ★
なんてこともあったりして、最低な奴なんス。


とりあえず、この秋冬のテーマは
『合わせやすくて、着回せるモノを買え』
だと、ブルームは言ってますが…
いかがなモンでしょうかね?
-ナカナカ順調にお買い物できてます。
あら、それなら良かった良かった。


ジャケットもブーツも
今のところ失敗無い(ハズ)だけど
一個大きな問題が!!!!


今年の秋はまだまだ暑い!

もうすぐ九月が終わって十月が来るのに!!

みんなTシャツで歩いたりしてますよ!?


(そんなわたしもTシャツ・短パンでブログ中)



いつになったら
秋のような…冬の気配を感じるような…
そんな人肌の恋しくなる季節になるのでしょう?

早くジャケット着て、ブーツ履いて
ランランラーン♪って学校行きたいッス。

もちろんブーツの人もいるけど
なんだか、まだ抵抗があって
今日もTシャツ姿で過ごしてしまったさ。
暑いのはほんとに嫌ですから。


このままじゃぁ
『成功』だと思っていたお買い物でさえ
『失敗』ということになってしまう…。


寒いのも嫌だけど
早く、早く、秋の風がビューっと吹いて
吐く息が白くなる季節になって下さい。

そうすれば、
またマフラーとか手袋が欲しくなって…
ってダメじゃん!!

わたしの寒さっぷりは一年中冬なのにね。
はっくしゅん。
[PR]
by mariko_bloom | 2005-09-23 02:49 | 日記帳